SESSION

セッション

コーチングのジレンマ 「笑い」を生み出す環境デザイン

The Coaching Dilemmas An Environmental Design for Creating Laughter

S10
11月21日
14:00
-
14:40
出展団体 / Exhibitor
東海林祐子研究会
The Research Society of Yuko Tokairin

本セッションでは、落語家の三代目 桂春蝶師匠をお招きして、落語の世界の階級や師弟関係などの見えづらい関係性が、パフォーマンスにどのように影響するのかについてお話を頂きます。またスポーツのコーチングにおいても「笑い」のある関係性が、主体的に取り組む学びの環境を作り、パフォーマンスを高めると考えられます。それは「笑い」を通じて、これまで当たり前だったコーチと選手のヒエラルキーの関係性を変える視点となるのではないかと仮説を立てました。「笑い」を通じた新たなコーチングの可能性に迫ります。

In this session we have Mr. Katsura Shuncho the Thid, the master of rakugo storyteller, to share the image how the indistinct correlations such as the class consciousness and the master-disciple relationships in the world of rakugo have had impact on the storytellers performance. Likewise, we will consider about the effectiveness of the laughter in the sport coaching environments. There are some possibilities that the laughter created by both coach and athletes will bring the favorable atmosphere and make the more desirable relationships between them. In that case, such connection will provide the athletes the environments which will enable them to learn proactively and to boost up the performance.

登壇者 / Presentor
person
東海林祐子
総合政策学部 准教授
person
三代目桂春蝶師匠
落語家
person
吉村秀二
株式会社ヨウコー・トラスト 代表取締役
関連ウェブサイト / Websites
No items found.
開催場所 / Sight

参加エントリー

円滑なイベント運営を実現するため、
ご来場予定の方は、事前の参加エントリーをお願い申し上げます。

arrow_circle_right
参加エントリーはこちらから
Open Research Forum 2022
2022.11.20 - 21
Sunday - Monday